青色申告と白色申告の違いとはどのようなものがあるか

青色申告とはどのようなものか

帳簿へ記録を行い、確定申告を行うことを青色申告と言います。申告には青色申告と白色申告があります。白色申告の方が手間がかかりませんが、メリットは青色申告のほうがあります。具体的に言うと必要経費として認められる金額が増えたり、所得金額から控除される金額が増えることがあげられます。複数の帳簿を付けなければいけないという手間がかかりますが、得られるメリットの方が多いと考えられているため青色申告をお勧めする人が多いです。

具体的なメリットとは

まず有名なメリットとして挙げられるのが65万円の特別控除が付くということです。白色申告の場合には10万円になります。帳簿付けを複式で行っていることが条件となっています。また意外だと思うことが、一年の内の途中で開業したとしても割り算などをする必要はなく65万円という金額は変わらないということです。まだ利益がないから青色申告にしなくてもいいと考えている人もいるかもしれませんが、その中でも青色申告にするメリットもあります。それは赤字を繰り越すことができるということです。

経費にすることができる

よくあげられるのが経費で落とせるという言葉です。どのようなものかというと、もし自宅を仕事場として使っているとします。するとその家賃の何割かを経費として差し引くことができます。家賃だけでなく、仕事に必要な移動に使ったガソリンや高速費、電気代なども経費として落とすことが可能になります。自宅を生活と仕事と両方で使用している場合には、面積や使用の頻度などを踏まえて割り算するのが一般的です。他にもいろいろなメリットがあるため青色申告が人気があります。

青色申告とは個人事業主などが税務署に提出する収入支出の内訳を提出する書類のことで、控除額が低い申請(白色申請と同等)と控除額の高い申請の二つがあります。