バーコードで入出庫管理!?倉庫内業務に必要不可欠なバーコードリーダー

バーコードを読み取るバーコードリーダーでミスを防止

倉庫には毎日のように保管するための製品や部品が搬入されて来ます。これは注文を行うと工場などから倉庫に品物が届けられ、一定期間倉庫内で保管をした後、出庫されると言う物流の拠点として倉庫が使われているのです。倉庫の中に色々な製品や部品が保管されていますが、現在どのような品物が倉庫内に保管されているのかを管理するのが在庫管理です。在庫管理は入庫品のチェック、出庫品のチェックを徹底しておくことが大切で、バーコードリーダーを利用して管理業務が進められています。

入庫時には伝票と品物の相互チェック

倉庫に品物が到着した時、伝票に記載されている品物と現品が一致しているか否かのチェックを行う必要があります。これは注文した品物が正しいものであるのか否かのチェックであり、伝票と製品に記されている品番などを照合すれば良いのです。しかし、品番にはアルファベットや数字が並んでいるので、読み違いをしてしまうケースもあります。倉庫内作業では読み違いを防止する目的でバーコードを製品に貼りつける、伝票にもバーコードを印字出来るようにしておけば、バーコードリーダーで照合が出来るようになり、読み違いを防止する事が出来ます。

出庫時もバーコードでチェック

倉庫の出庫業務と言うのはピッキングと呼ばれている作業になります。注文書に記載されている製品を倉庫内から所定の場所に運び出すのがピッキング作業です。入庫時と同じく注文書のバーコードと製品についているバーコードをバーコードリーダーで照合すると、間違ったものを出庫してしまうと言うミスを防止出来ます。特に製品番号が類似している製品が多い場合などでは人が目視で照合するとミスが生じる可能性が高くなりますのでバーコードリーダーは倉庫業務には必須のアイテムなのです。

3PLは、物流に関する様々な業務(配送や保管など)を第三者の立場で請負うサービスのことです。メーカーなどの荷主は、このサービスを利用することで経営資源を本業に注ぐ事が可能となります。