タクシー運転手の仕事って悪いイメージ…。実際はどんな感じ?

タクシーの運転手は、きつい?!

タクシーの運転手は「きつい」と思われがちですが、実態はどうでしょうか。勤務時間は朝から翌朝まで、20時間近く働くのできついと言えるかもしれません。営業所を出庫してしまえばあとはすべて自分のペースで仕事ができます。いつ、どこでごはんを食べようと、休憩・睡眠しようと自由なのです。他の仕事だとどうしても周りの目が気になりますが、タクシーの運転手はそういうことはありません。自由な面、どのくらい稼げるかはすべて自分の責任にもなるので、そういう意味ではきついとも言えるでしょうか。

黒色のタクシーはベテラン運転手?!

客としてタクシーを利用するとき、たまに新人の運転手さんで、道がわからない…と言われて困ることがあります。乗車する前に新人かベテランかわかる方法がないものでしょうか。ひとつ方法があります。タクシーのボディの色は黄色・緑色・オレンジ色など色がついていることが多いですが、たまに黒色のタクシーもみかけます。黒色のタクシーはその会社の試験を通ったベテランの運転手が乗っているタクシーなのです。道案内が面倒な方は街で黒色のタクシーを探してみてください。

タクシーは怖い仕事?それなら営業地区で解消!

タクシー運転手が強盗に襲われているニュース映像をよく見る気がするので、タクシーの仕事は怖いというイメージをもたれています。都内には相当数のタクシーが稼動していて、毎日どこかのタクシーが襲われているわけではないので、それほど危険というわけではありません。街で暴漢に出くわすのと差はないかと感じます。また営業する地区にもよると思います。私は都心の中でも港区・中央区・千代田区の3区を中心に営業しています。ビジネスマンやお金を持っている人が多いので客層がいいですよ。

運転手派遣の仕事内容には会社役員の車の運転やバスの運転手、荷物の配送、フォークリフトなどがあります。